介護予防運動指導員養成講座

HOME > 講座紹介 > 介護予防運動指導員養成講座

介護予防運動指導員養成講座とは?

(地独)東京都健康長寿医療センター研究所が作成したカリキュラム・テキストに基づく講座です。
高齢者の運動器の機能向上などの介護予防プログラムを安全・効果的かつ実践的に
指導するスペシャリストを育成することを目的としています。
授業は5日間で教室での講義・演習(4日間)とスポーツジムでの演習(1日間)で構成されます。
講師は、指導経験豊富な介護予防主任運動指導員が担当いたします。

活躍の場

カルチャーセンター
民間のスポーツクラブ
地域支援事業の移管としての介護予防教室
デイサービスを中心とした介護施設・事業所    など

学習内容

カリキュラム例

研修内容

  • 老年学・介護予防概論(1.5)
  • 介護予防統計学(1.5)
  • 介護予防評価学特論・実習(3.0)
  • 介護予防・日常生活支援総合事業とコーディネーション・行動科学特論(1.5)
  • 転倒予防特論・実習(3.0)
  • 失禁予防特論・実習(3.0)
  • 認知症予防特論・実習(3.0)
  • 高齢者筋力向上トレーニング(6.0)
  • 高齢者の栄養改善活動特論(1.5)
  • リスクマネジメント(1.5)
  • 口腔機能向上特論・実習(3.0)
  • フレイル・サルコペニア予防特論・うつ・孤立・閉じこもり予防特論(1.5)
  • 地域づくりによる介護予防概論・ 高齢者の社会参加と介護予防(1.5)

合計31.5時間(5日間)

授業を欠席した場合

自己都合による欠席の場合、授業の振替はできません。

自己都合の欠席の場合、受講料の返金はできませんのでご注意ください。

受講対象者

  • ヘルパー2級・初任者研修修了者で実務経験2年以上の方
  • 介護職員基礎研修課程修了者・実務者研修修了者・介護支援専門員・健康運動指導士等
  • 医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・准看護師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士
  • 言語聴覚士・社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士・歯科衛生士・あん摩マッサージ指圧師・はり師
  • きゅう師・柔道整復師・栄養士


研修修了の認定方法

計31.5時間の講習を受講後、修了試験に合格した方を介護予防運動指導員として
(地独)東京都健康長寿医療センター研究所が認定します。
介護予防運動指導員登録証のお渡しは修了試験の約2ヶ月後となります。

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る