生活援助従事者研修

HOME > 講座紹介 > 生活援助従事者研修

生活援助従事者研修とは?

生活援助従事者研修とは、生活援助サービス(掃除・洗濯・調理など)と身体介護サービス(移動・排泄・食事などの介助)を切り分け、生活援助を専門に行う人材を確保するために2018年4月より新たに創設された公的資格になります。
介護職員初任者研修は身体介護や生活援助など介護のお仕事に就かれる方全般に向けた内容であるのに対し、生活援助従事者研修は、訪問介護員の業務のうち生活援助における支援を学びます。
取得に要する時間数は59時間(※)と介護職員初任者研修の約半分の時間で取得可能なため、初めて介護のお仕事を検討される方、高齢者の家事等を中心とした生活援助業務のお仕事に就きたい方、忙しい方などに最適です。
※59時間のうち通学での時間数は約30時間です。残りは自宅でのレポート学習となります。

生活援助でできる業務

ホームヘルパー(訪問介護員)として掃除、洗濯、食事の調理・片づけ、
買い物、衣類の整理整頓、ベッドメイク、薬の受け取り等

※移動・排泄・食事などの体に直接触れて行う身体介護は生活援助の業務外となります。

訪問介護事業者の人員基準として訪問介護員を常勤換算で2.5人以上置くこととされています。
この研修を修了するとこれにカウントすることができるため、就職採用時に有利になる可能性があります。

活躍の場

訪問介護事業所などの生活援助業務を行う事業所

この講座がえらばれる理由

  1. 介護福祉士、看護師など、経験豊富な各分野のエキスパートが授業を担当します。介護がまったくの初めての方でも、講師が現場経験の中で得た多くのノウハウをわかりやすく学ぶことができます。
  2. 基礎知識を学ぶ講義、現場を想定した演習、それらが終わると実際の介護現場での実習を通して、ご利用者との関わり方、実践的な介助方法を身につけることができます。

学習内容

カリキュラム例

  • • 職務の理解
  • • 介護における尊厳の保持・自立支援
  • • 介護の基本
  • • 介護・福祉サービスの理解と医療の連携
  • • 介護におけるコミュニケーション技術
  • • 老化と認知症の理解
  • • 障害の理解
  • • こころとからだのしくみと生活支援技術
  • • 振り返り
※こころとからだのしくみと生活支援技術の中で2時間程度の現場実習があります。

自宅学習とスクーリングの組み合わせで無理なく効率的に学べます。
STEP1 オリエンテーション
STEP2 講義スクーリング&自宅学習
STEP3 実習
STEP4 振り返り・修了式
STEP5 修了証明書の交付

※地域により科目や日数・時間数が異なります。詳しくはスケジュールをご参照ください。

研修修了の認定方法

1.所定の添削レポートを全て提出し、合格点をクリアすること(合格点は地域により異なります)。
2.指定された全日程を履修すること
3.修了評価( 筆記試験) に合格すること
上記事項全てを満たした方に、修了証明書を発行します。
本講座の修了証明書は全国で通用します。

受講対象者

受講資格は特にありません。
介護関係の知識・経験を問わず、幅広い年齢の方に受講いただけます。

こんな方におすすめ

  • 訪問介護にて生活援助のお仕事をしたい方
  • 初めて介護のお仕事をされる方で身体介護はハードルが高いという方
  • ご家族の介護で介護に関する基礎知識を身に付けたい方

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る