ガイドヘルパー養成講座(全身性障がい課程)

HOME > 講座紹介 > ガイドヘルパー養成講座(全身性障がい課程)

ガイドヘルパー養成講座(全身性障がい課程)とは?

幅広い年齢層の方への対応が可能!

障がい者(児)の自立と地域社会への参加を支援する大きな役割を担う

ガイドヘルパーとは、全身性障がいを患っておられる方の移動、外出の手段として、車椅子での介助を行う職業のことです。たとえば、通院時の介助、車いすの介助、外出時の上着の更衣介助、ショッピング、娯楽、旅行の際の外出支援などを行います。ご利用者が外出される際には必要不可欠な資格です。

入所系、通所系施設ともに重宝される資格

主な就労事業所として、障害者総合支援法の居宅介護(ガイドヘルプサービス)を行っている訪問介護事業所や、(資格がなくても勤務が可能とはいえ)障がい者支援施設(入所系サービス、通所系サービス)があります。特に入所系施設では、移動支援事業を併設させている場合が多く見られ、取得していれば大変役立つ資格といえます。

市町村地域支援事業の移動支援事業に従事できる

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)が介護保険制度上の資格であるのに対し、ガイドヘルパーは障害者総合支援法に基づく資格です。本講座の修了生は市町村地域支援事業の移動支援事業に従事することができます。ただし、従業者の要件は市町村により異なる場合があります。

活躍の場

活躍の場障害者総合支援法の居宅介護(ガイドヘルプサービス)を行っている訪問介護事業所や、(資格がなくても勤務が可能とはいえ)障がい者支援施設(入所系サービス、通所系サービス)。特に入所系施設では、移動支援事業を併設させている場合が多く見られ、取得していれば大変役立つ資格といえます。

この講座がえらばれる理由

  1. 講師は、ガイドヘルパーとしてのキャリアが長く経験豊富な顔ぶればかり。現場を知っているからこそ伝えられる介助技術について学ぶことができます。
  2. そのうえ、関連領域に関する知識については、看護師、理学・作業療法士など各分野のプロフェッショナルから直接に学びます。
  3. 車いすの装備や移乗・移動の方法等の介助方法を具体的に学習します。
  4. 屋外演習や実際に電車・バスを利用する交通演習を経験できるので、実践的な介助方法を身につけることができます。

学習内容

カリキュラム例

ガイドヘルパーの制度とサービス・障がいの理解・移動支援の方法・屋内の移動介助・屋外の移動支援・公共交通機関の演習等※地域により、科目や日数・時間数が異なります。詳しくはスケジュール表をご参照下さい。

授業を欠席した場合

欠席された場合は、当校の実施する別コースにて振替受講が可能です。
振替講座の受講料は無料です。
振替授業の日程・会場は当校指定となりますので、ご確認ください。

研修修了の認定方法

指定された全日程を履修すれば、全カリキュラム終了後に、移動支援従業者養成研修全身性障がい課程の修了証明書を取得できます。試験はありません。

受講対象者

都道府県により異なります。(無資格でも受講可能な地域もあれば、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2 級)以上の有資格者でなければ受講資格のない地域もあります)

こんな方におすすめ

  • これから障がい者移動介助のお仕事をしたい方
  • ご家族の介護に役立てたい方
  • 障がい者福祉に興味をお持ちの方や勉強したい方

修了生の声

未来ケアカレッジで学んだ基本知識を次は現場で応用していきたいです:天王寺校  吉川さん

webサイトで色々スクールを見て一番時間が合うことと
距離的も通いやすいということで未来ケアカレッジに決めました。
コース開講スケジュールを天王寺校に限らず全スクールのものが、
一覧で見れたのが良かったです。
自分のスケジュールにあったコースを探しやすかったです。
未来ケアカレッジはキャッシュバックなどの制度もあったので
受講料的にも受けやすかったです。
先生の言葉で印象的なことは、車イスでの電車の
乗り降りの際にドアが開いてる時間が限られているので、
その中で丁寧に動かすにはどうしたらよいかを
何度も繰り返しおっしゃってくれたので、
「そこが重要なんだなあ」と思いました。
訪問介護の仕事で障害者の方を担当することがよくあるのですが、
どうやったら移動支援で楽しんで頂けるかなどの、
基本的な部分を未来ケアカレッジで学べたので次は現場で
それを応用するということをしていきたいと思います。
クラスの雰囲気は和気あいあいとしてて皆と仲良くなれました。
最終日は「次またどこかで会えたらいいね」と声をかけあいました。

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る