難病患者等ホームヘルパー養成講座

HOME > 講座紹介 > 難病患者等ホームヘルパー養成講座

難病患者等ホームヘルパー養成講座とは?

ヘルパーとして活躍の場が広がり、就職に有利な可能性あり!

難病患者の多様化するニーズに対応したヘルパー

難病患者等ホームヘルパー自体は、そのサービスが、障害者総合支援法に引き継がれましたが、難病患者等ホームヘルパー養成研修は、難病に対する理解や啓発のために残されました(難病患者等ホームヘルプサービスに従事する方は、この研修を修了する必要があります)。
難病を患い在宅医療を必要としている方を対象に、QOL(生活の質) 向上のため、療養生活支援と自立・社会参加の促進を図り、難病患者等の多様化するニーズに対応した、適切なホームヘルプサービスを提供するために必要な知識、技能を有するホームヘルパーです。

お持ちの資格で異なる受講課程

当研修は、難病に関する専門的な知識を身に付けることができる、スキルアップのための研修です。「入門課程」「基礎課程I」「基礎課程 II」の3種類があり、時間数は課程により異なりますが、どれも1日(5~8時間)程度の講義で修了できます。それぞれお持ちの資格で受講できる課程が異なりますが、当校では、主に介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)以上の資格取得者を対象とする「基礎課程 I」を修了することができます。

活躍の場を広げたい方におすすめ

平成27年より国の指定難病が追加され、ホームヘルパーとしてより活躍の場が広がりました。キャリアアップを目指される方、活躍の場を広げたい方は、ぜひこの機会にチャレンジしてください。

活躍の場

難病患者に対するホームヘルプサービスを行う訪問介護事業所で活躍できます。

この講座がえらばれる理由

  1. 医学的知識については、看護師を中心とする講師が担当。専門的な知識を深めることができます。
  2. 具体的な援助方法については、難病患者のホームヘルプサービスに従事経験がある講師から学ぶことで、現場に出ても困らない対応方法や心構えを身につけることができます。
  3. パーキンソン病や全身性エリテマトーデスなどさまざまな難病についての医学的知識を学んだり、難病患者やご家族の心理を学ぶことで、多様化するニーズに適したサービス提供が行えるようになります。

学習内容

カリキュラム例

合計4時間(1日間)・難病の保健・医療・福祉制度 I・難病の基礎知識・難病患者の心理および家族の理解

授業を欠席した場合

研修が1日のため、自己都合による欠席の場合、授業の振替はできません。その場合、修了不可となりますので、必ず出席してください。

自己都合の欠席の場合、受講料の返金はできませんのでご注意ください。

研修修了の認定方法

全カリキュラム終了後に、難病患者等ホームヘルパー養成講座の修了証明書を取得できます。
試験はありません。
本講座の修了証明書は全国で通用します。

受講対象者

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級) 以上の資格を有する方。現在、介護職員初任者研修を履修中で、資格取得が確実な方。

修了証明書、資格書等(写し)の提出が必要です。

こんな方におすすめ

  • これから難病患者等ホームヘルプサービスのお仕事をしたい方
  • 難病に関する専門的な知識を今の仕事に役立てたい介護関連職の方
  • これから介護職に従事するにあたって、より幅広い知識を身につけておきたい方

修了生の声

難病を知らないままでいることがいやになりました。天王寺校:石原さん

介護職員初任者研修と難病患者等ホームヘルパー養成講座を受講し、来月から実務者研修を受けます。
実務者研修を取得して、介護福祉士を目指して欲しいというのが、
会社の方針がありまして。
難病患者等ホームヘルパー養成講座について思ったことはまず難病に関する好奇心、
テキストだけではなく300以上ある難病が載っているホームページもあるとのことなので、自分としてももっと知りたいと思うようになりました。
もっと知識アップを図り、知らないままでいることがいやになりました。
知りたい、携われるなら携わりたいという気持ちが強くなりました。
聞いたことのある病名もあったのですが、
ではそれはどういう病気ですかと言われたら全然さっぱりわからないので、
やはり知らない病気を分かるきっかけになりました。
難病というのは300種類以上あると知り、こんなにあったんだ!と。
自分が知ってる範囲だと2つか3つくらいでしたし。
知識を深めるにはいい機会になったと思います。
未来ケアカレッジを知ったきっかけは職場の先輩からの紹介です。
まず今の目標として介護福祉士の資格を取ること、
自分自身もっと介護福祉士に関する仕事に携わりたいという気持ちがあります。
1日とは言え、座学なので座りっ放しだと、しんどくなるのですが、
適度に休憩があったりグループワークがあったり考えてくれてるなとすごく思いますね。

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る