同行援護従業者養成研修

HOME > 講座紹介 > 同行援護従業者養成研修

同行援護従業者養成研修とは?

加算対象なので就職に有利、さらに手当て支給の可能性あり!
平成30年より資格取得が必須に!

視覚障がい者の自立と地域社会への参加をサポート

視覚障がいのある方の社会参加の実現に欠かせない「ガイドヘルプサービス」は、障害者総合支援法に基づく「同行援護」として、サービスが提供されます。援助内容は、視覚障がいにより移動が著しく困難なご利用者に対して、外出時に同行して行う移動の援護、代読や代筆、排せつおよび食事などの介助その他の外出に必要な援助を行うことです。
この支援を行うには、同行援護従業者研修の修了が必要です。この資格は、視覚障がい者の自立と地域社会への参加を支援する大切な役割を担います。

加算対象なので、就職に有利になる可能性あり

同行援護従業者研修には、一般課程と応用課程があり、どちらも受講が必要です。応用課程の資格取得者は、同行援護サービスのサービス提供責任者になることができます。また、厚生労働省が勧める同行援護特定事業所加算の人材要件の対象となるため、就職採用時に有利になる可能性があります。

平成30年より資格の取得が必須に。受講はお早めに

同行援護のサービスを提供する事業所では、サービス提供責任者を必ず配置しておかなければなりませんが、平成30年4月以降は、同行援護を提供する事業所サービス提供責任者は、同行援護従業者養成研修修了しておくことが求められます。
サービス提供責任者に従事する方は早めに受講されることをおすすめします。

活躍の場

ガイドヘルパー事業所、グループホーム、障がい者支援施設、障がい者福祉サービス事業所、ボランティアなど

この講座がえらばれる理由

講師は、障がい者施設長(職員)、介護福祉士・看護師・視覚障がい者ガイドヘルパーなど各分野のエキスパート。現場経験のなかで得た多くのノウハウを学ぶことができます。

一般課程
制度やサービスはもちろん、視覚障がいに関する疾病や心理、代読や代筆の知識を学習するので、網羅的にスキルの習得が可能です。
応用課程
交通機関を利用した実技演習で実践的な介助方法を学ぶことで、即戦力につながります。

学習内容

カリキュラム例

【一般課程】:合計20時間(3日間)・視覚障がい者(児)福祉の制度とサービス・障がい・疾病の理解(1)・障がい者(児)の心理(1)・代筆・代読の基礎知識・同行援護の基礎知識・基本技能・応用技能【応用課程】:合計12時間(2日間)・障がい・疾病の理解(2)・障がい者(児)の心理(2)・場面別基本技能・場面別応用技能・交通機関の利用※地域により、科目や時間数が異なります。スケジュール表をご参照ください。

授業を欠席した場合

欠席された場合は、当校の実施する別コースにて振替受講が可能です。
振替講座の受講料は無料です。
振替授業の日程・会場は当校指定となりますので、ご確認ください。

研修修了の認定方法

指定された全日程を履修すれば、全カリキュラム終了後に、同行援護従業者養成研修一般課程もしくは応用課程の修了証明書を取得できます。
試験はありません。
本講座の修了証明書は全国で通用します。

受講対象者

一般課程
特にありません
応用課程
同行援護従業者養成研修一般課程の資格取得者、または移動支援従業者養成研修視覚障がい課程の資格取得者
修了書等の写しの提出が必要です。

こんな方におすすめ

  • これから同行援護サービスのお仕事をしたい方
  • ご家族の介護に役立てたい方
  • 障がい者福祉に興味をお持ちの方や勉強したい方

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る