福祉用具専門相談員指定講習会

HOME > 講座紹介 > 福祉用具専門相談員指定講習会

福祉用具専門相談員指定講習会とは?

制度改正により資格取得が必須化!

福祉用具のレンタル・販売を行うときに、選び方や使い方をアドバイスする

福祉用具専門相談員とは、利用者の心身の状態、希望、環境などを考慮し福祉用具を選定する職業のこと。専門的知識に基づいて相談に応じ、利用計画を立てるなど、介護保険法に定められた福祉用具のスペシャリストです。

福祉用具とは
厚生労働大臣が定めた居宅で使用する用具のことをいいます。
原則はレンタル支給となっていますが、再利用に心理的抵抗感を伴うものや、使用により形態・品質が変化するものは「特定福祉用具」として定められ、販売対象品となっています。

今後さらに需要が増えるお仕事

介護保険法で、福祉用具貸与・販売事業所に必ず2名以上配置されることが厚生労働省指定基準とされているため、福祉用具貸与・販売事業所で働く場合には必須の資格といえます。そのため、福祉用具専門相談員という資格は、ホームセンターやドラッグストアなどの福祉用具コーナーなど、活躍の場が広がっており、今後有資格者を求める事業所がますます増加すると予想されます。

平成27年4月より要件変更。早めの受講がおすすめ

平成27年4月1日より、福祉用具専門相談員は、介護職員養成研修修了者(介護職員基礎研修課程・1級課程・2級課程の修了者、介護職員初任者研修課程の修了者)を要件から除き、福祉用具に関する知識を有している国家資格保有者および福祉用具専門相談員指定講習修了者に限定されることとなりました。まだ資格をお持ちでない方は早めの受講をおすすめします。

活躍の場

福祉用具の販売店、福祉用具のレンタル店、福祉用具メーカー、福祉施設、訪問介護事業所など

この講座がえらばれる理由

  1. 講師は、リハビリテーションや応用動作能力回復を専門とする、理学・作業療法士が中心。福祉用具の活用方法などについて実践的に学ぶことができます。
  2. ご利用者の要介護度や障がいの度合いを適切に見極める力と、介護者のさまざまなご要望に合わせた的確な福祉用具の選定方法を学びます。
  3. 事例を用いた演習を行うことで、福祉用具貸与計画の作成や活用技術を身につけることができます。

学習内容

カリキュラム例

合計50時間(7日間)・福祉用具の役割・福祉用具専門相談員の役割と職業倫理・高齢者の日常生活の理解・リハビリテーション・介護保険制度等の考え方としくみ・介護サービスにおける視点・からだとこころの理解・住環境と住宅改修・介護技術・福祉用具の特徴・福祉用具の活用・福祉用具の供給の仕組み・福祉用具貸与計画等の意義と活用・福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成・修了評価

授業を欠席した場合

欠席された場合は、当校の実施する別コースにて振替受講が可能です。
振替講座の受講料は無料です。
振替授業の日程・会場は当校指定となりますので、ご確認ください。

研修修了の認定方法

指定された全日程を履修され、修了評価( 筆記試験) に合格された方は、福祉用具専門相談員の修了証明書を取得することができます。
本講座の修了証明書は全国で通用します。

受講対象者

受講資格は特にありません。介護関係の知識・経験を問わず、幅広い年齢の方に受講いただけます。

こんな方におすすめ

  • これから福祉用具相談員として福祉用具販売・レンタルのお仕事をしたい方
  • 福祉用具に関する知識・技術を身につけて、今の仕事に役立てたい介護関連職の方
  • さまざまな福祉用具や住宅改修、バリアフリーなどに興味をお持ちの方や勉強したい方

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る