介護事務講座

HOME > 講座紹介 > 介護事務講座

介護事務講座とは?

ケアマネジャーを目指す方、施設管理者の方にもおすすめ!

介護報酬請求事務のスペシャリスト

介護事務は、介護事業の運営に不可欠な「介護報酬請求業務(介護レセプト作成)」を中心に、事務作業全般を行います。一生役立つ業界必須の専門技能です。

業界に必要不可欠な仕事

超高齢社会の現在、介護サービス利用者や介護事業者は年々増加しています。
ご利用者に提供したサービス内容の反映であるレセプトに誤りがあると、介護報酬が正しく支払われない事態が発生するなど、介護事業者にとっては経営悪化にもつながるため、正確な作成・確認・点検は大切な業務であり、迅速かつ正確に行える介護事務従事者は、必要不可欠な存在です。

即戦力として活躍できる技術を習得

介護ソフトを使用して演習を行うので即戦力となる技術が身につきます。
計画立案に必要な知識が身につきますので、ケアマネジャーを目指す方にもおすすめです。

活躍の場

介護老人保健施設、グループホーム、高齢者生活福祉センター、在宅看護支援センター、デイサービスセンター、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーション、療養型医療機関など。

この講座がえらばれる理由

  1. 講師は、介護事務経験者や教育現場での講師経験が豊富なベテラン。実務や、豊富な経験のなかで得たノウハウを学ぶことができます。
  2. 介護保険の仕組みから介護レセプトの作成演習まで、実際の業務に沿った内容を学習するので、違和感なく仕事に活かせます。
  3. パソコンを使用したレセプト入力を反復練習することで身につけたスキルは、即戦力につながります。

学習内容

カリキュラム例

合計30時間(5日間) 介護保険制度の概要、介護報酬、居宅サービス 単位算定、施設サービス 単位算定、介護レセプト作成、パソコンを使用したレセプト入力

授業を欠席した場合

授業欠席の場合、当校の実施する別コースにて振替受講が可能。受講料は無料。
振替授業の日程・会場は当校指定となります。

研修修了の認定方法

指定された全日程を履修すれば全カリキュラム終了後に、未来ケアカレッジ認定の修了証明書を取得できます。
試験はありません。

受講対象者

受講資格は特にありません。
介護関係の知識経験を問わず、幅広い年齢の方に受講いただけます。

こんな方におすすめ

  • これから介護事務のお仕事をしたい方
  • 介護の仕事をしているが、事務の仕事もするようになる方
  • 介護保険料請求業務に関わっているが、さらなるスキルアップを目指したい方
  • ケアマネジャーをめざしている方

修了生の声

先生が難しい言葉を分かりやすい言葉に、直して教えてくれたので分かりやすかった:京都校  田上さん

ゆくゆくは自分が事業所を開く時にプラスになればと思い未来ケアカレッジの介護事務講座を受講しました。
受講の決め手になったのは、パソコンを使用した授業があったことと受講料の金額です。
この講座のおかげで、職場でケアマネさんが作る計画書などの書類の意味が分かるようになりました。
受ける前は複雑で難しそうと思っていましたが、私が思っていたよりは受け入れやすかったです。
クラスは和やかな感じで意見交換や質問はしやすい雰囲気でした。
短い期間なので家で復習して分からない部分を講師に質問することにように質問事項をまとめておいた方がよいです。
講座が終わったら聞けるチャンスはないので、通っている間に聞けることは聞いておいた方がよいです。

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る