ミケの突撃レポート~実務者研修編~

第5回

介護過程Ⅲドキドキの修了評価。今までの集大成となる日。

〇〇〇の画像
本日は介護過程Ⅲの5日目、兵庫県「未来ケアカレッジ三宮校」に来ています。
介護過程Ⅲ最終日は、
「介護過程の展開」の発表と「修了評価」です。
実務者研修(介護過程Ⅲ)の集大成となる日です。
2日目に宿題として出された、
職場で担当する利用者のアセスメントをまとめて、
グループワークで1人ずつ発表を行います。
発表者以外の受講生さんも職員の立場として、介護計画、介護方法について真剣に考え質問を行います。
授業ではあるのですが、現場さながらに自身の考えた結果を発表します。
今日は、1日目~4日目とは全然違う雰囲気です。
〇〇〇の画像 受講生さんも真剣そのもの。
宿題に対して、講師からキビシイ指摘や助言もありましたが、最後はがんばって宿題をやってきた受講生皆さんへの労いの言葉!
受講生さんは充実した表情を見せています。
発表が終わったら午後からはいよいよ修了評価です。
講師から与えられた課題に対して実技を行います。

特ダネ!ドキドキの修了評価

いよいよ修了評価です。
介護過程Ⅲの修了評価は1人ずつ別室に呼ばれ、実技試験が行われます。
一人ずつ名前が呼ばれ、緊張した面持ちで試験会場へ。
(見ているこちらも緊張します…ドキドキ)
試験が終わって受講生さんが出てきました。
お話を聞いてみましょう。
「いやー、緊張しました。筆記試験とは違い実技試験となると手が震えましたよ(笑)
 でも、最後までやりきれました!5日間お世話になった先生とクラスメイトのおかげです!!
 次は医療的ケアですね。授業までにDVDを見てしっかり準備して挑もうと思います。」30代女性
〇〇〇の画像 この受講生さん、試験会場へ入るまでと会場から出てきた様子は、まるで別人。
スッキリとした、そして充実した表情をされていました。
この修了評価の結果は、後日、各個人へ連絡がきます。
それまではドキドキが続くかもしれませんね。

レポート

突撃取材 介護福祉士筆記試験対策講座

実務者研修は、技術の習得以外に介護福祉士の国家試験の受験資格を得るために受講される方も多くいらっしゃいます。
筆記試験へのフォローを未来ケアカレッジは行っているようです。
職員さんにお伺いしました。
「未来ケアカレッジでは、介護福祉士筆記試験対策講座を行っております。
試験への不安をお持ちの方を、未来ケアカレッジで合格へのお手伝いがしたいということで始まった講座です。
〇〇〇の画像 毎年、傾向と対策を準備し、お仕事をお持ちの方にもライフスタイルに合わせて受けて頂けるように、無料振替などのサービスもご用意しています。
さらに未来ケアカレッジの実務者研修と合わせてご受講頂くと教育訓練給付金の対象となります。
介護福祉士を目指す方は是非ご受講ください」
なるほど、実務者だけでは終わらない、その先を見据えた講座が用意されているんですね。

※写真はすべてイメージです。

お電話でのご相談・お申込み:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る